たこぱ

たばこを吸う。

 

たばこの先がぽーっと明るくなる。

口の中に香ばしさとかすかな甘みを感じる。

 

息を吐く。

 

白い煙が散り散りに消えていく。

口の中の香ばしさも消えていく。

 

たばこを強く吸う。

 

たばこの先が、さっきよりほんの少し強く光る。

口の中が少しピリッとする。

 

息を吐く。

 

白い煙が散り散りに消えていく。

口の中は、まだ少しピリピリしている。

 

 

たばこは正直だ。

やさしく吸えばやさしく返してくれるし、荒く吸えば荒く返してくる。

たばこを吸うようになって、イメージが変わった。

吸う前は、荒々しさだけを思い描いていた。

でも、やさしく吸えばやさしい一面も見せてくれる。

甘みやうまみ、おいしい葉っぱのエキスを感じさせてくれる。

 

たばこのやさしい面を感じたくて、意識的にやさしく吸う。

そうすれば、たばこは裏切らずにやさしく応えてくれる。

もう一度感じたくて、またやさしく吸う。

そうしている内に、自分のすべてがやさしくなってしまう。

 

人の世が嘘ばかりだとしても、

裏切らない最後の砦に対しては、ぼくも裏切らない。