20240105

2023と一度打って、戻しました。増えていく数値の重みは年々薄まる一方ですな。ただそれは年齢を重ねたとか、人生経験だとかではなくて、単に年単位で物事を考えることをやめてしまったことだけが理由なのかもしれないが。

 

たまには自分のことを認めてやろうということで。

社会の平均からすれば意外と、自分に対して厳しく生きてきた側の人なのかな、なんて思えてきた。平均の上というだけで全然まだまだ自分に甘い部分ばかりではあるのだが、それでも、ランダムにサンプリングすればその中で自分に厳しい方である確率は有意に高いだろうと思えるくらいの、そんな位置づけ。ぼーっと酒飲みながら考えているので思考がまとまらないのはご愛嬌。酒飲みながら書いてるやつが自分を律することのできるやつなのかというツッコミも野暮だ。ここはチラシの裏でしかない。

自分で多少なりとも道を切り開くことができるくらいの恵まれ具合。何かあっても食いっぱぐれることはないだろうと思えるくらいの恵まれ具合。烏滸がましい言い方をすれば、それを享受するに値するくらいには、結構自分に厳しく生きてこられたのかもしれないな、なんて感じてしまう。

周りと比較するのは負の業でしかないのだが、自分を認め、なんとか生き延びるために許してほしい。意外と自分が自分に厳しく生きられるタイプなのかもしれない、なんて思えたのは周囲との比較きっかけでしかない。横槍は入れないけど、何か妥協の産物のようなものでやり過ごそうとしているのを見ていると、それは自分にはできないなとなる。少し考えればひらめくかもしれないし、誰かに聞けばうまいやり方を以前に試行錯誤していたかもしれないレベルのことで妥協したくない。自分が楽をするためではなく、綿密に考えた結果それがベストのやり方だと判断したのだと、ちゃんと説明できるようにはなっていたい。そんなポリシーは、意外と多くの人が持っているものではないらしい。

こうして段々と、あまり良くないやり方ではあるが自分を認める部分ができてきたのは最近のことだが、振り返れば生き方自体はあまり変わっていない。

モヤモヤしたまま次に進みたくない。そのままの理解は無理でも、せめて自分の言葉で噛み砕いて自分なりの解釈を持っておきたい。それは日頃の業務だったり、資格試験の勉強だったり、遡れば受験勉強だったりの時にも通じるスタンスだった。

ただ答えを覚えるのではなく、全て自分が分かったと納得できるまで向き合い続ける。そうすれば別に上級資格であろうと、下級資格の時に培った理解のみで対応可能なのだ。1つ下の資格に合格しているのにもう1段階上の資格に受からないのはおかしい。驕り高ぶっているような物言いだけど、ちゃんと勉強していればそんな状態になるはずだ。

もちろん、自分が理解したと判断する基準が甘いものであればそうはならないのだけど。

 

自分を認める、なんて思いながら、そのきっかけはただの愚痴だったと思う。

愚痴るくらいであれば、同じ方向を向けるように導くのがWin-Winの関係なのかもしれないが、でもちょっと、そこにリソースを割く余裕はないのだよ。

そんな余裕が生まれるまで、内心ではちょっとこんな風に驕り高ぶった物言いも交えながら、でもそれで膨らんでくるプライドを自分にとってポジティブな方向に作用させて生き延びていく分には文句はないだろう。

20231005

私が私の生き方について、自分の中で納得してそう決めたなら、そのように進めばいいし、違和感があればいつだって修正すればいい。何においても他人と比べることは自分の生き方をブレさせる原因になるので、私は「昨日より今日の自分を嫌いにならない」ように生きている。どうしても比較をしてしまうのであれば、その対象を自分自身に向ければ解決だ。その上、判定条件を「嫌いにならないこと」とより良い方向へ向かうための下限値に設定している。別に毎日毎日自分を更新し続ける必要はない。ただ、悪い方向が続かないようにすれば良いだけのことだ。

もちろん自分自身の言葉に絡めとられるのも、他人と比較してしまうことと同じくらいに自分の生き方を狭めてしまう。だから、上のように言ったけど、実際はもっと緩く、別に嫌いになっていても死ぬ時までのトータルで考えればいいや、なんて思っているし、何ならそんなに自分への気持ちを確認してもいない。

ただし、先ほどの「昨日より今日の自分を嫌いにならない」という指針は、短い言葉で端的に他人と比較しない生き方を示すものとして気に入っている。生き方に悩む人が目の前にいれば、こんな感じで下限値を判定基準にして緩く生きれば良いんじゃない、なんて伝えると思う。それで自分は気楽に生きられている実感があるから。

 

でもそれも、恵まれた側の感覚でしかないのかもしれない。

昨日の自分と比較するだけで、しかも昨日の自分と同じでい続けてもそれを達成してしまう基準で、生き続けていて、それなりの暮らしが送れてしまう能力なり環境なりを用意されているというだけなのかもしれない。日銭を稼がないといけないのなら自分を見返す余裕なんてないし、大きなストレス源が外部にあれば自分との比較なんて悠長なことは言っていられない。最低限昨日の自分のままでも生きていられるのは、高等教育の機会を得られ、一定以上の経験を積ませてもらったからだ。そうでなくて、人並みでなければ生存することができないのであれば、まず他人の生き方を参考にしなければ、最初の一歩すら踏み出し方がわからない。

自分が自分の人生を生きていく中で見出した答えを他人に伝えることが暴力になりうる。何も背景事情を知らないのに、自分がこう生きていて上手く行っているからあなたもこうした方が良いと伝えても、そんなのできない、意味がわからない、なんて不快な気持ちにさせるだけかもしれない。

力になりたい。美しい思いに思えていたけど、自分が実際そう思うとき、そこに含まれる身勝手さに少しづつ気づくことができるようになったと思う。力になりたいとか、助けてあげたいと思うことは尊い。だけど、そこでかける言葉なり態度なりは、たとえ多くの人が正しいと思うことであっても、傷つける可能性を孕んでいる。

だから言葉をかけるのをやめよう、と思うのもまた身勝手だ。私に見せた苦しみは私にだけしか見せられないものかもしれない。それを無視して、言葉が暴力になるからと何もしないのは、ただの自己保身で傲慢な振る舞いだ。

自分自身の人生の過ごし方と同じように、他者との関わり方にも正解はない。相手がどういう方向を向きたいのかを汲み取り、何か自分と共通することがあればあけすけに自分の経験を話してみる。でもそれはアドバイスでもなんでもなく、自分の話をしたいから話している、そんな雰囲気を纏っている。

 

言葉の暴力性をなくせるとしたら、自分が自分に向けて発するしかない。自分が思ったそのままを自分に言うだけなら、他の人を傷つけることはない。

同じように、誰かに何かを伝えたいとしても、それを誰かに向けて発するのではなくて、自分に言い聞かせるために発すれば、むしろそちらの方が目の前の人に影響を与える言葉になるのかもしれない。少なくとも私に”響く”言葉や文章は、その人がその人のためだけに発せられたものだけだ。

 

20230817

人と人との関わりって本当に難しい。たとえそれが擬似的な関係性だったとしても。

 

ピエロになるのは得意で、それだけがほぼ唯一の自分の生き方だと思っていた。笑わせるでも笑われるでも、自分が意図的にずらしたことを言ったり起こしたりすることだけが自分の役割だと思っていた。そうしてもうずっとやり過ごしてきたから、新しい場所に移ったってそれなりにやっていける自信はある。笑いが起こらないよりは起こる方が場は和む。

 

でもそのせいで、相手の真剣な眼差しに正面からぶつかることができなくなってしまった。誠実な言葉に笑いは要らない。むしろその場を壊してしまう。なのに、いつだって笑いを求めてきた自分は、そんな時でさえ笑いをどこかに探してしまう。ぶつけられた言葉の中、僅かに開いた隙間を縫って、斜め上の言葉が口から出てしまう。そうして、相手に怪訝な顔を向けられて…。

 

私は学ぶことができる。自分のやり方を見つめて、反省することができる。

今日もいつもの生き方が現れそうになった時、思考回路を修正して、何とかそれっぽい言葉が言えたのではないか。字面だけでもストレートな言葉が出たのではないか。それがたとえチェンジアップのような球速でも、何とか。

もっと他の言い方があったのではないか。何よりその時の表情はどうだったか。ヘラヘラしていて、やっぱり今までの自分らしさが出てしまっていたのではないか。

振り返って今のこの場で反省したとしても、自我が芽生えてからずっと繰り返してきた自分の生き方はどこかに現れてしまう。その量を減らせたとしても、完全になくすまでは遠い道のりに思う。それしか生きる術がなかったから。

 

ただ、私の気持ちは真剣な気持ちそのものだ。

感情を共有できる素晴らしさを知れた。真剣に応援する尊さを知れた。

人として大事なことをたくさん教えてもらった感謝と、何より今楽しませてもらっていること。

足を引っ張りたくないし、身の丈知らずだけど何かしらの力になりたい。

だから、こちらにぶつけられた思いにはさらに強い思いをぶつけないといけないし、何もなくたって伝えるべき時は伝えなければならない。

言葉を考えることも、それを口に出すことも苦手だけど。

 

今日、自分が少しこれまでの生き方から離れられたのか、それを感じるのは相手だし、愛想に隠されていつまで経っても答えはわからないかも知れない。

でも、少しでも今日が正解なのだったら、また機会は訪れるはずだ。もっと真剣に伝えられるようにしておかなくては。

 

20230815

また過去の記憶で感傷的になってしまった。たった一つのキーワードで、あの頃の状況とか感情とかが芋づる式に引き摺り出されて、何年も前の自分に乗り移られてしまう。それが今も続けている自分の趣味のきっかけときたもんだから、より新鮮に懐かしく当時のことを思い出し続けてしまう。誰も興味のない当時の感覚なんかが頭の中を埋め尽くし、綺麗な時系列でその時の自分が追体験される。何度も思い出し、何度も蘇らせてきた自分がまた再び、しかも全く同じ再現度で現れる。言語化が苦手なはずなのに、そこまで繰り返し体験してきた過去の自分の気持ちや感覚は寸分の狂いもなく表現できる。何を、どこで、どのように享受し、それをどのように受け取り、どの部分に最も魅了されたのか。自分の感覚を言語化することに興味のなかった時代のはずなのに、何回聞かれたって同じ答えを正確に導くことができる。

老いたくない。いつも同じ話ばかりをする人にはなりたくない。過去のどこかに囚われるのではなく、いつだって新しい刺激を求めていたい。

仕事で、自分にとっては目新しいことに取り組んでいる。頭の使い所が異なり、強く疲労を感じるが、知識や経験が増えることに喜びは感じられている。いつかこの業務に慣れれば、また新しいことをしたい気持ちが芽生えているだろうと、今の自分は信じられる。

趣味で、興味の幅は広いと自負している。だからこそ前職とは全く異なる勉強必須な業種でもやっていけている。知らないことを知るのは喜びだし、裏に隠された人々の想いを知ることもまた喜びだ。信念を持って生み出されたものに心を動かされないほど私は枯れていない。そうした想いは、自分から感じようと向き合っていれば日常で何気なく出会うものにも溢れている。駅に行って、さまざまな表示がなぜその文字で書かれているのか、具に見れば全く違っていて、違いには全て理由と想いがある。自分が知らないだけで他にもたくさんそういう事例はあるはずだ。そして、私はそれらを感じたい。

だから、私はまだ老いていない。たとえ過去の記憶に囚われてしまう時間があったとしても。

20230811

日頃感じたことをちゃんと言語化できるようになりたい。

今日は終日二日酔いだったため感じたことは身体的な辛さばかりでした。

歳やね、歳なのか? あのペースだったらどんだけ若くても(お酒は20歳になってから)とんでもないことになっている自信がある。勢いを抑えることも必要だって、もう何度も経験してきたことでしょ。

迷惑かけなかったかだけ気がかりだが、破滅すること自体に抵抗はない。それだってもちろん他の人に大きな不快感を感じさせないことが前提ではあるが、自分の人生だけに着目すれば特段それがどうなろうが知ったこっちゃない。ただ、何の気なしに過ごしていたって生きてしまうのであれば、少なくとも昨日より今日の自分がより何かを知っていたり、楽しむための視野を広げていたりしていたい。本当に気を抜いてしまうと、すぐに好きなものとか楽しみ方とかが固定化されてしまう。分かり切ったことだけに浸かって、それだけで満足してしまう。

と思ったり書いたりしているのも何度目だという話で、老いたくないとは思っていてもその対処方法は見当すらつかないというのが、最近の悩み(というほどでもないが)かもしれない。

 

20230728

ネット上の性格診断ではいつも、「好奇心が強い」という欄に「その通りです」と答えていた。表現はまちまちだが、正の方向に最も強い回答を絶対に選んでいた。過去の自分は知らないが、少なくとも自我を意識できるようになってからは「その通り」の人間なのだと強く思い続けていた。

証拠だってある。

大学では文系理系問わず幅広い講義に興味を持って臨んでいた。色々な人たちと色々な話をした。振り返ればその場限りだった人間関係も、いくつも構築してきた。誘われればどうしようもないとき以外は参加した。

音楽を聴き漁った。美術展にも足を運んだ。何に心を惹かれ、何に心を惹かれなかったのかを振り返るたび、自分がより自分らしくなっていく気がした。

修士まで出た分野とは全く異なる業種に行った。学問という括り以外の部分でも、人と人との関わりとか、社会の仕組みとか、感じられるものはあまねく自分の感性に落とし込んできた。決算書が読めるようになった。

社会人になってから自発的な学びの時間がなくなったと感じた。だから本を読み漁った。分野は問わず、とにかく内容が面白そうであれば貪った。動画サイトも自分の感性を涵養させる一つのツールだった。少しでも興味があれば一度は確かめてみた。

仕事をやめ、また迷っている中で、結局は高校時代に全く興味の持てなかった分野に携わっている自分に気づく。おまけに今の自分はそれを面白いと思いながら取り組んでいる。当時は気づかなかった、本当によくできた仕組みやそれを考えたり利用したりできる人たちの賢さ。知れば知るほど、立ち向かえば立ち向かうほど、何か人間社会にまでポジティブな感情を抱くほどである。

 

少なくともここ15年くらいはそうやって過ごしてきた。だから、性格診断では迷いなく回答してきた。

だが今週はとても疲れてしまった。気持ち的には一日中寝ていたいくらいに。

 

なぜかと言えば、新しいことに向き合ったから。頭の使い方を全く知らない分野に挑むことになったから。

口ではそういうことも幅広くしたいなんて言っていた。だけどいざそうなってみれば、今の段階では疲れしか振り返ることのできる感情がない。土日を挟んでやり切れるだろうか、そんな不安も抱いてしまう。

新しいことって、こんなに負担だったっけ。

老化なのか何なのか。それを早めに見定めておかないと、何も新しいことを吸収できない人間になりそうである。